スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター講座1 フォーム

タイトルは一応講座となってますが、参考になるかどうかわかりません。
娘の陽菜(ヒナ)がなんとか形になるまで、少しずつではありますが不定期で進めて参ります。
まずは第一回ですが、最初にギターフォームの話をします。

なにも教えず陽菜に小さな恋のうたの最初のコードを押さえて弾いてもらったフォームです。
陽菜ギターフォーム1
↓これは私のフォームです。
父ギターフォーム1

アコギ、クラシックギターを弾いた方や初心者は、綺麗な音を出すためどうしても上の左手フォームになってしまうよです。
歪ませた音で弾く時は、ミュート技術が必須となりますので、最初は実際にエフェクターを通しある程度大きな音で弾くことをお勧めします。
そうすると、この例では5弦、6弦を弾きますが、違う弦もミスタッチや共振でノイズとなり聞こえてきますので、これをどうやって防止するかが、最初のポイントとなるでしょう。
(本当に最初はネックの反り、弦高やオクターブなどのギターチューニングから始まりますが、割愛します)

まず左手ですが、上に比べて下の画像は、力が抜けただネックを握っているようですが、しっかりフレットの直近が押さえられ、他の指全部で弾かない弦のミュートをしてます。

次に右手ですが、小指の付け根から手首にかけての一番盛り上がっている手のひらを6弦にあて、ここでもミュートを行います。
特に冒頭のミュートピッキングは、このように弦を右手でミュートしながら弾くと綺麗なミュート音がでます。

初めての方は上の画像のように、手首がギターから離れがちになっているので、注意してみてください。
スポンサーサイト
プロフィール

千剣

Author:千剣
Name:千剣

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。